注意!血管が老化の原因?ボロボロにする4つの原因

老化の原因

1、細胞の酸化、活性酸素による細胞のダメージ

・抗酸化物質

体内でエネルギーをつくるためには酸素の消費が必要です。消費された酸素は活性酸素になり体内にのこります。

身近なもので例えるなら、自動車を動かすエネルギーを作るためにガソリンを消費した後に出る排気ガスのようなものです。

活性酸素とは細胞を傷つけ老化やガンの原因にもなります。

この活性酸素の働きを抑える物質を抗酸化物質といいます。つまり体の酸化を抑える物質です

抗酸化作用のある食品を多く取り込むことが老化予防(アンチエイジング)にも効果があると考えられています。

抗酸化作用のある食品

βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セレン、銅、ファイトケミカル等・・・

これらの食品をバランス良く取ることで細胞の老化を防ぎ、若々しさを保つことができます。

2、糖化

3、加齢

4、ストレス

血管をキレイに保つことで見た目が若くなる3つの理由

体の隅々まで必要な栄養素が行き届く

血管が衰えると体に必要な栄養素が運ばれなくなるため、良質な食事を取っていても十分なアンチエイジング効果が期待できない可能性があります

逆に血管を健康に保っていれば体中に栄養素を行き届くため、肌や爪、髪にも栄養が行き届き健康的な見た目を保てます。

しかし日々の偏った食生活から血管は簡単に老廃物がたまり、いわゆる血管が詰まっている状態になります。

これを放置しておくと動脈硬化や心疾患の原因にもなり突然死のリスクにもつながります。

血管は体の隅々までいきわたっており、当然肌の周りにも多くの毛細血管があります。

この毛細血管から送られてくる栄養素が肌を美しく保ってくれます。

また、血管を健康に保てば血流もよくなり血液中にある老廃物の処理能力が上がります。

血管が老化する三つの理由

・動脈硬化

動脈硬化の原因として真っ先に上がられるのがコレステロールです。

ですがコレステロール自体はからだのホルモンバランスを保つ上でひつような材料になります。

問題になっているのは酸化したコレステロールです。

酸化したコレステロールは血管にたまり、血流を妨げてしまいます。

そのため血液を酸化させない、抗酸化が何よりも重要になってきます。

・高血圧

高血圧、糖尿病

・血管へのストレス

・内臓脂肪

志望には大きく分けて皮下脂肪と内臓脂肪の二種類があります。

このうちの内臓脂肪が血管を詰まらせる一つの原因となります。

この内臓脂肪はお腹がぽっこりでる原因としても知られている脂肪ですが、実はこの中には脂肪細胞という細胞があります。

この脂肪細胞からでるTNFアルファという物質が血管にダメージを与えます。

つまりお腹が出ている=血管に負担をかけているということになり、アンチエイジングをする上での障害となります。

内臓脂肪はできるだけ減らしましょう。


内臓脂肪の減らし方→

抗酸化作用が高い野菜

トマト、ニンジン、ブロッコリーは非常に高い抗酸化作用がある野菜です。

トマトに含まれているリコピン、ブロッコリーに含まれているスルフォラファン、人参に入っているβカロテンは特に高い抗酸化作用があるといわれている栄養素です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る