美肌効果がある食べ物3選! 野菜 果物にどれだけ効果があるのか?

前回の記事:美肌効果がある食べ物7選(前編)

今回は美肌になれる食材 野菜 果物中心に栄養 効果がどれほど

あるのか詳しく見ていきたいところです。果たして本当に効果があるのでしょうか?

トマトはなぜいいといわれているのか?

美肌効果 トマト

トマトが赤くなると医者が青くなる」と聞いたことありますか?

世界中で知られていることわざでもあります。

トマト由来

トマトの呼び名は膨らむ果実、

「トマトゥル」から来ています。

世界各国で呼び名も違います。

アンデス生まれのメキシコ育ち。

トマト栄養素

普段食べているトマトにはビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。

肌に関するトマトの効果

*美肌効果

*抗酸化作用

*血行の流れを良くする

またトマトに含まれる栄養素「リコピン」は紫外線から肌を守りシワを予防する効果があります。

身体に関するトマトの効果

*血圧を下げる

*風邪予防

*ガン予防まで

 

リンゴに含まれている栄養素とは?

美肌効果 リンゴ

トマトの長年の言い伝えのようにリンゴにもことわざがあります。

「1日1個のリンゴは医者いらず」

そして、リンゴを取れば美人になれるなんて言われいますね。

美人は必ず取っているとよく耳にします。

1年中スーパーで置かれているリンゴ、価格もそんなに高くないですよね。

リンゴの皮に栄養が豊富

リンゴの皮にある3種のポリフエノール

1 プロシアニジン… 抗酸化作用、アンチエイジング、ガン予防、コレステロール、美肌効果がある。

2エピカテキン… 抗酸化作用が高く活性酸素を除去し免疫機能、血管若返り、動脈効果予防をする

3アントシアニン…視力改善、白内障、緑内障と眼の改善に役立ちます。花粉にも役立つ。

 

リンゴの効果

*ダイエット効果

*アンチエイジング

*整腸便秘効果

*美肌効果

*虫歯予防

*ガン予防効果

 

また食物繊維豊富で腸内環境を良くしてくれお通じがよくなり、肌荒れ対策には適しています。

リンゴを食べるにあたって注意点

一つ注意点はそのまま剥き出しにお店に並んでいるので農薬がついています。

しっかり水で洗い流せば問題ないです。

必ず水で丁寧に洗い流してください。 不安な方は塩水につけてみてください。

バナナ効果

バナナ

バナナダイエットもいっときブームでしたね。

朝バナナ、夜バナナなど試された方いるんじゃないですか?

バナナは腹持ちがよく美味しいのが特徴ですよね。

フルーツのなかでは、カロリーは割と高めですが… 食物繊維繊維たっぷり、便秘解消は色んな場面で聞いたことあると思います。

バナナ栄養素

タンパク質

脂質

糖質

ナトリウム

カリウム、カルシウム、リン、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、マンガン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンc、ビタミンD、ビタミンE.ナイアシン、葉酸。

バナナの肌の効果

 

*肌の保湿弾力生

*シミシワ予防

*肌荒れトラブル

*ニキビ予防

バナナを食べると

すぐエネルギーに変わってくれます。

朝時間がないとき、頭がぼーっとしてるとき、

テスト勉強しなくてはいけない時、ぜひ食べてみてください!

アスリート選手、マラソン選手がよく食べてるのがそのことだったんですね。

消化がいいのはもちろん腹持ちがよく、エネルギーに変わってくれる。最高じゃないですか。

ブロッコリーの効果

ブロッコリー

ブロッコリー栄養

ビタミンA

ビタミンB2

ビタミンC

*葉酸

カリウム フラボノイド クロム 鉄 βカロテン スルフォラファン

ブロッコリーは100グラム大体30カロリーとヘルシーな緑色野菜です。

ビタミン、ミネラル豊富で花野菜と言われており美肌作りには最適です。

ブロッコリーに含まれているビタミン

ビタミンA…風邪予防、免疫を上げ、胃腸の働きを良くしガン予防にもなる

また肌トラブル、髪をツヤツヤにもしてくれ、美肌効果にもつながる。

ビタミンB2…水に溶ける水溶性ビタミンで、栄養ドリンク剤が入ってるビタミンB2を取った後尿が黄色くなるのはビタミンB2

皮膚や粘膜をサポート、脂質の代謝をサポートしてくれる

ブロッコリー肌の効果

*シミ

*がん

*ソバカス

*風邪予防

*老化防止など

 

 

ブロッコリーおいしい茹で方

補足ではありますがおいしい茹で方があるのでご紹介いたします。

01個目…強火で沸かせます。

02個目…グツグツなお湯に塩水を投入、よくかき混ぜます。

03個目…ブロッコリーが浮いてきたら、沈めて

すぐザルに上げてみてください。

目安は1分30秒ぐらい…

そして肝心なのは、、、絶対に水洗いしないでください!!ここポイントです。

よく茹でると栄養素が逃げるとも聞きますよね。

そんなことはないので、心配しなくて大丈夫です。

ブロッコリーに含まれている

ビタミンcは熱には弱いのですが、茹で過ぎなければ問題ありません。

 

<まとめ>

トマト リンゴ バナナ ブロッコリーに含まれている栄養素だけではなく

美肌作りに欠かせないことがわかりました。

一時期リンゴ バナナダイエットも流行りましたね。

ダイエットだけではないことが分かりましたし肌荒れしてる方には

本当にいいことがわかりました。

身近な食材で綺麗になれるのはうれしいですよね。

最後の補足 ブロッコリーの茹で方ぜひトライしてみてください。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る