すぐ読める!メラニン色素は実は肌を守る役割があった

 

メラニンは肌に悪いものと思っていたが実は肌にはいいものなのか?

シミ シワのイメージが強い方もいますよね。

実際はどうなのでしょうか?

メラニンとは

メラニンとは人間だけではなく 動物 植物などの菌類などに含まれる色素です。

人の肌の色は人種にらより大きく異なりますが同じ人種でも個人差はあります。

メラニン色素は本来悪いことではなく、身体を紫外線から守ってくれます。

メラニンは大事な存在なのです。

人の肌の色は人種にらより大きく異なりますが同じ人種でも個人差はあります。

メラニン色素は重要

DNA

★皮膚の奥深くまで入り込み紫外線を少し浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こします

★皮膚のDNAが破壊され皮膚ガンになることも

メラニン色素は本来悪いことではなく、身体を紫外線から守ってくれます。

メラニンは大事な存在なのです。

本来はメラニンは肌を守る大事な役割があるわけなんです。

メラニンはケラチノサイトに留まり紫外線からお肌を守ります。

 

メラニン色素は2種類ある

私たちの肌は、 黒人(African)アジア人(Asian) 白人(Caucasian)の3つに大きく分けて分類されます。 メラニン色素の比率です。

メラニン色素

ユーメラニン フェオメラニンの2種類があり黒褐色系と赤黄色系に分けられます。

メラニン色素 特徴 髪や肌質

日本人、アフリカ人 →茶黒系「ユーメラニン」

白色人種→赤黄色系「フェオメラニン」

日本人の髪が黒いのは「ユーメラニン」を たくさん含んでるからなんですね。

同じ人種でも色が違う!

よく同じ日本人なのに真っ黒な髪の方 赤茶色な髪の方、薄い茶系の方色んな方が沢山いますよね。

元々日本人はユーメラニンを沢山含んでいます。

ですが個人差がありユーメラニンを含むフェオメラニン、フェオメラニンを沢山含むユーメラニン。と色々遺伝子により重なります。

皆誰もがユーメラニン、フェオメラニンは持っています。どちらかの濃さで髪色だったり、肌色だったり変わって行きます。

メラニンの働き

メラニンは肌奥「基底層」(参照 肌構造)でメラノサイトで作られます。

紫外線による外部刺激やホルモンの内部から働きかけ活性酸素が増えるとメラニンが作られます。

活性酸素

活性酸素とは、、、体内に侵入した殺菌を取り除く。

活性酸素原因

活性酸素は、真皮のコラーゲンを蝕んでいきます。

ハリや弾力が衰えタルミや、シワになりターンオーバーが乱れてしまうとくすみや

肌トラブルにもなってしまいます。

過剰になれば酸化にもなります。

メラニンが酸化するとどのようなトラブルが起きるか

酸化した肌の原因

しみ

シワ

ソバカス

酸化した身体の原因

動脈硬化

糖尿病

がん

 

シミとメラニン関係

 

○紫外線を浴びるとメラノサイトにいきます。

ケラチノサイトを刺激します。

○表皮の一番下にある細胞が分裂。紫外線を浴びたメラニンは剥がれ落ちるので1ヶ月後には消えます。

ターンオーバーが正常だと(28にち周期)

○長時間浴びた紫外線でできたメラノサイトは 数が増え続け、女性ホルモンが乱れたり

ターンオーバーが乱れるとメラニン色素はうまく行き渡らなくなりシミになります。

シミとそばかすの違い

そばかすは一般的には遺伝でなることが多いです。

幼少期からなってたりしたらそれは遺伝です。

 

シミ そばかす予防

シミ そばかすは消したい気持ちは誰だってあります。ですが予防して出来にくくするのも大切なことです。

紫外線対策をし、生活習慣を見直して変えてみてください。それだけで予防効果が得られと思います。

そばかすは遺伝的が多いので難しかもしれませんがシミは予防できることはたくさんあります。

 

<まとめ>

本来メラニンは悪い印象を受けていたが実際は肌を守ってくれる働きがあることがわかりました。

日々の生活の中で生活習慣を見直す。

紫外線対策をすればシミが防げれる。

見直してみるといいかもしれません。

自分なりに無理なく続けられることができれば10年後シミができたとしても周りよりは差ができるかもしれませんね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る