お酒 好きは老化が早い??身体だけではなくお肌にも悪影響 お酒を飲むならビタミンB1 亜鉛をプラス

お酒好きさんなら、痛い言葉かもしれないですが。。。

「お酒は老ける」と耳にしたことってありますよね。しかも

お酒を飲んだ次の日は必ず肌が荒れる。そんな経験した方たくさんいらっしゃいませんか?

今回はお酒は本当に老けるのか?

お酒を飲んでも肌荒れを起こしにくい方法をご紹介いたします。

 

はじめに

1日を終え、お酒を飲む、ストレス発散でお酒好きには至福の時間ですよね。

仕事の付き合いでつい、飲みすぎてしまった!?久々の友達と楽しくなりついお酒が進んでしまう。

そんな経験ありませんか?

適量ならいいですが、お酒の飲みすぎはからだによくありません。

お酒由来

お酒は昔から「百薬の長」と言われいます。

お酒は健康や美肌にも良いと言われてるのはご存知かと思います。

医者にも適度な飲酒なら良いといわれたりストレスを和らげたり食欲が増進したり寿命が延びるのも科学で認められてますね。



お酒の適量とは

1日の目安です。

適量は目安なので個人差はあります。

お酒が強い方、弱い方人それぞれです。

その日の体調で酔いが早かったりするので自分の適量を知っておくことが必要です。

 

★日本酒 1合(180m)

★ブランデー1杯(60m)

★焼酎1杯(70m)

★ビール1本(中瓶)

★ワイングラス1〜2杯

お酒による肌トラブル4つ

原因1. 肌の乾燥

お酒を飲みすぎると肌は当然水分が外に出て行き水分が足りなくなります。

飲みすぎたらその分水分をしっかり取りアルコールを出びすことが重要です。



原因2. 肌の弾力たるみ

肌の水分がなくなると肌の弾力もなくなりますよね。

肌全体が垂れ、タルミの原因になります。

バランスの良い食事を取り アルコールは控えた方がよさそうです。

原因3. 吹き出物 ニキビ

お酒のおつまみに揚げ物を食べますよね。揚げ物が原因で肌荒れにもなります。

お酒を飲んで夜更かししたり不規則な食事をするとニキビ 吹き出物ができてしまいます。



原因4. 常に赤ら顔になる 炎症を起こす

アルコールは細胞組織を炎症させ ヒスタミンなど炎症性物質を出します。

歳をとるにつれ 飲んでなくても赤ら顔になってしまいます。

アルコールは肝臓など体の内側からダメージを与えてしまいやがて肌にも出てきます。

お酒肌トラブル改善策4つ

改善1. 水分補給をしっかり取る

何回もいいますがお酒を飲むとアルコール分解が必要な為水分がどんどん外に出てってしまいます。

アルコールを飲んだ量以上飲めばお肌の乾燥は防げ肌トラブルが改善されます。

改善2.栄養をしっかり取る

お酒を飲むとビタミンが失われます。

ビタミンは肌本来を保護し肌荒れを防いでくれます。

お酒を飲むなら必ずビタミン亜鉛は必ずとってください。



改善3.お酒は適量

お酒の飲み過ぎはからだをむしばみ肌荒れを起こします。

また肝臓も痛め、がんにもなりやすくなります。 お酒は適量に。

改善4.メイクは疲れてても落とす!

お酒を飲むと楽しくついつい夜更かし、朝まで飲み続けそのまま眠りについてしまった経験はありませんか?メイクを落とさずに寝るのは危険です!

必ずメイクだけは落としてくださいね。

そのまま1日過ぎると肌の皮膚は呼吸ができなくなり肌トラブルの原因にもなります。

お肌が1日だけで砂漠状態になってしまい、肌が老ける原因です。



お酒を飲む人はビタミンB1が不足している

お酒を飲む人はビタミンB1が不足になりがち。

アルコールが分解されるとビタミンBが不足になります。

ビタミンB群が不足すると肌荒れを起こします。

ビタミンB2は皮脂の分泌に大きく関わり肌トラブル

★ニキビ

★吹き出物とさまざまな症状がでるので注意が必要です。

肌荒れは亜鉛不足

亜鉛が不足すると・・・

*ホルモンバランス低下がする

*肌のターンオーバーが乱れる

*毛穴のつまり

*吹き出物

とさまざまな症状をおこします。

日本人は普通に生活をしてても亜鉛不足と言われています。

もしお酒を飲むときは亜鉛が豊富に入っている食べ物を取ると、肌荒れも起こしにくくなります。

 

<亜鉛が豊富な食べ物>

おつまみ系は亜鉛が豊富に含まれています。

お酒を飲むときはおつまみも食べながら適量にのみましょう。

また亜鉛はためることができません。

亜鉛が豊富に含まれている食事を取ってもすぐ尿と排出されます。

こまめにとることが肌にも身体にも大事なんですよ。

○牡蠣→亜鉛がとても多い亜鉛が(13.2ミリ)含まれている。

○豚肉→ビタミンB1 ビタミンB2が多い

○レバー→脂身が少なく亜鉛以外も多く含んでいる

○卵

○チーズ



 

補足 お酒のおつまみに

★ナッツ

★枝豆

★チーズ(たまご料理)

★イカやタコ

★野菜

 

美容効果があるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

<まとめ>

お酒の飲みすぎは身体にも肌にも悪影響になります。

もしついつい飲みすぎてしまったら水分をたくさん取ることをおススメします。

水分(お水)を飲むことでアルコール分解を早めてくれるからです。

二日酔い対策にもなるのでぜひしてみてください。

お酒を飲んだら、

ビタミン亜鉛を必ず取り栄養が偏らないようにするのが肌荒れ対策にもつながりますよ!




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る