紫外線対策 種類について

紫外線対策していますか?

紫外線ってよく肌のトラブルになってしまったり、身体に良くないと聞きますね。

ではどんな紫外線対策をすればいいのでしょうか?

紫外線量が年々増えている

最近わかったことですが今の時代昔の時代に比べ紫外線量が多いのです。

ましてや今では大人だけではなく、子供にも紫外線対策が必要な時代になりました。

昔に比べ紫外線、紫外線とニュースでも取り入れられ期間が長いと感じたことありますよね。何故なら

地球温暖化の影響により紫外線量が年々ふえているからです。

紫外線

紫外線3種類

紫外線は大きく3つの種類に分かれます。

*紫外線A派(UV-A)

*紫外線B波(UV- B)

*紫外線c波(UV- C)

これら3つは紫外線波長の長さのことを言います。

私たち肌や身体に悪影響をもたらすのは、

UV-A UV- Bの二つなんです。

UV- Cはオゾン層に吸収されるので地表には届きません。

UV-Aはシミシワの原因

波長が長いA派は肌の奥まで入り込み、じわじわと肌に負担をかけていきます。紫外線に当たってすぐ肌が黒くなることはないですが、、

シミとシワお肌の真皮の部分でコラーゲンエラスチンが変形してしまい長い時間をかけ気づかない間にシミシワが出てきてします。

<紫外線A派のまとめ>

*表皮だけではなく真皮の肌奥まで届く

*窓ガラスまで通し肌まで届く

*地表まで届く紫外線は90%以上

* 肌のハリの低下

*シミシワ、たるみなどができる

UV- Bは日焼けの原因

紫外線UV- Bは紫外線の約5-10%占めています。 お肌の真皮では届きませんが、UV-Aより強力です。 皮膚や目に悪影響です。日焼けしたり、肌が赤くなったり水ぶくれとひどい症状になります。

<紫外線B派のまとめ>

*日焼けの原因

*お肌がひりひりする

*しみ、そばかす

*目の影響(白内障)

*皮膚ガン などです。

*7〜8月がピーク

UV-A対策

対策としては

★日焼け止めを必ずすること。

★窓ガラスはレースカーテンをつける。

★紫外線を浴びてもスキンケアは怠らない。

★UVカット日傘をさす

★日焼け止めの表記はPAも確認

やはり紫外線ですから、UVカットできる日焼け止めをするのはもちろんですが、良くお店で並んでる日焼け止めはSPFと書いてありますね。シワの原因はUV-Aでした。その肌を守るのはPAなんです。

UV- B対策

真夏の炎天下の中外出時には

★日焼け止めをこまめに塗り直す。 (2〜3時間おき)

★UVカットのサングラスをかける。

★UVカットの日傘をさす。

★UVカットの帽子を被る。

UV- BはUV-Aよりも強力な為、こまめに日焼け止めを塗りなおしてください。肌へのダメージがすぐわかるのでしっかり日焼け止め対策をしましょう! SPFの表記を選びましょう!

日焼け止めPA

PAはプロテクショングレイドオブUVAの略です。UV-Aの紫外線防止効果を表す目安の数値です。

簡単にグラフにまとめると

表示 UV-Aを防ぐ効果

PA++++ 極めて高い効果がある。

PA+++ 非常に高い効果がある。

PA++ かなり効果がある。

PA+ 効果がある。

これを見ると一番高い効果はPA++++になります。

紫外線の季節は春夏以外でも降り注いでいます。

しっかり季節問わずUVケアは必要ですね。

UV-Aはなんとなく分かりましたね。

では次にUV-Bについてお話し致します。

日焼け止めSPF

SPFとは、(サンプロテクションファクター)の略で

UV- Bを防ぐ力があります。肌が赤くなり、ヒリヒリするサンバーンを起こすまでの時間を何倍に伸ばせるかが目安になるんです。

SPF計算

SPF1=役20分として

SPF30の日焼け止めは20×30=600分

10時間防げることがわかりますね。

ですがSPF30だから大丈夫と考えはやめましょう。

時間が経つと、汗や皮脂でおちてきますので

こまめに塗り直すことが、お肌に負担をかけず紫外線をバリア出来ればこれ以上増やさない

シミシワ予防にもなる近道かもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る