ストレスで肌に悪影響

ストレスで色々悩むかたもいますね。ストレスで肌荒れした。ストレスで痩せた。ストレスでハゲた。色々悩みはあると思います。ストレスがなくなれば原因の1つや2つが解決できるのなら嬉しいですよね。果たして解決方法は何があるのでしょうか??

ストレスがあると続かない

肌、身体は、当然栄養がないと、エネルギー活動をしませんし綺麗にはなりません。

まず生きるためには欠かせない食事。皆様は肌の気持ち自分の身体に耳を傾けたことはありますか?

ストレス

毎日毎日肌のこと、身体のことばっか気にしてられませんよね。例としてこんな意見を聞きます。

「身体ににいいから、食べなさい」

「悪いのはダメ。運動しなさい」

「○○しなくてはならない」

が返って嫌になってしまうものです。

ダイエットしてる方はとくに!!

我慢してるので、ピークになり終いにはどか食いしてリバウンドしてしまい結局挫折します。

私の体験ですが、いくつかの本、テレビで紹介されてたり美容の病院にいくと必ずA4サイズの資料を渡されます。そこに書いてある内容

*今日からこれだけの食事をとりなさい!

*甘いものは辞めなさい。

*白い食べ物は、肌の菌のエサになるので辞めなさい。

*○○しなさい。

をよく目にするものです。

最初は皆何事も取り組みます。

やってみようかしら!?の

好奇心が生まれます。

ですが…

毎日毎日 が続いたら、結構苦痛じゃありませんか?私は苦痛です笑

運動しなければいけない。

仕事、家の家事、疲れてるのに、毎日運動できますか!?食事だってそうです。身体にいいものといって

野菜中心、魚中心、肉中心、身体の為、肌を綺麗にしたいから、ダイエットの為、健康のためと最初は誰だって続きます。ですが、しなくてはならない。と考えてしまうと嫌になり、結局ほとんどが挫折します。人間は辛いことが嫌いです。簡単に何かできるなら楽なほうに行くならそっちに進みますよね。

○○しなければならないは、必要ないのです!

続かなければ意味がありません!!

。何もしたくない。時はしなくてもいいのです。

それ…身体からのサインです!

「今日は、動きたくない…」と悲鳴をあげているのです。悲鳴をあげてるのに可哀想じゃないですか?少しでも耳を傾けてあげましょー。

身体にとって大きな負担です。

それを少しでも無くしたら無理なく続けられるのかもしれませんね。

新陳代謝を上げ身体の芯からポカポカ&汗をかけばより肌は美肌に近づける!!

新陳代謝ってそもそも何?

皆様はご存知ですか!?

新陳代謝…古いものが次々と新しいものに変わることを言う。

肌の代謝が悪いと、当然肌トラブルが起きます。

代謝肌の美しさは、新陳代謝からきています。

古いものが新しいものに変わる。

どこかで聞いたことありますよね?そうです!

「ターンオーバ」のことなんです!

肌なら約1ヶ月周期でお肌の生まれ変わりをします。新陳代謝を上げれるにはどうしたらいいでしょうか?まず、汗をかくことです。代謝を上げるには、食べ物もそうですが、日々の運動も大切です。

芸能人の肌はなぜ、綺麗なのか?アスリートの人達は何故肌がツヤツヤなのか?お金かけてるから綺麗なんじゃないの?と聞きますが、実はその綺麗な秘訣は汗だったのです。 当然運動すれば暑くなり、代謝がよくなり汗をかきます。老廃物が出て、デトックス効果が得れます。老廃物がでれば、当然肌も綺麗になりますよね。ちょっとした運動、汗をかけばかくほど代謝が上がり健康的で美肌になれる近道なんですね。

汗をすぐかく人は代謝が良いとは限らない??

1日5分運動を心がけましょ!!

汗をかけば代謝がいいとは違って、、、

元々汗かきの人は代謝がいいからとは限らないんです。

いい汗はサラッとした汗をかきます。

悪い汗は、ドロっとした汗。臭いが強い汗です。

運動もしてないのに汗をかく人は違う原因があるかもしれません。

原因としては

*冷え性

*肥満

*食事

*ストレス

*病気

です。

汗かきは代謝が良いと聞きますがそれは大きな間違いだったんですね。 原因を見つけて改善しましょー!!

ストレッチをして芯までポカポカ

運動はどれぐらいやればいいのか?そんな時間がない。方には!!朝起きてまずストレッチをしてみてください。朝起きてストレッチ、身体を伸ばすだけで気持ち良いですし、腸が活発になります。

そして、、、

コップ一杯水を飲みましょー!

白湯でも大丈夫です。

ちょっとの時間に、スクワット、テレビ見ながら

体幹トレーニング。一日5分でいいのでじんわり汗をかくことを、はじめてみてください!

有酸素運動。半身浴。なんでもいいです。

先ずは自分に合った方法で汗を、ジワジワと汗をかくやり方を見つけましょー!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る