酒粕は本当に美容にも体にもいいのか?

酒粕は本当に身体にも美容にもいいのでしょうか?

健康にもいいと昔からの言葉の言い伝えでもありますが

果たして実際はどうなのでしょうか?

<酒粕とは>

酒粕は普通にスーパーでも販売されています。

見た目は白色でポロポロとしたカスの状態です。

酒粕…日本酒などのもろみを絞って透明な液体とカスに分けた際に出るものです。

日本酒を作る職人さんで麹を扱う杜氏さんの手は綺麗でしっとりしています。

肌まで白いという話をきいたことがあります。

 

酒粕に含まれる美肌効果

保湿成分

セラミド

美白成分

の効果があります。

日本酒で化粧水を作ったり、クリームにも日本酒、コウジ酸配合って書いてあるのもよく見かけます。使うとお肌がしっとりしもちもちになり肌が白くなると

口コミでは書いてあります。実際使った方も好評という言ことが分かりました。

だから杜氏さん達はお肌や手が白くてもっちりしてるんですね。

<酒粕栄養素>

*炭水化物

*タンパク質

*ビタミン

*ミネラル

*アミノ酸

*食物繊維

などの栄養が含まれています。

<酒粕で乾燥肌改善>

肌が乾燥すると くすみ シワが目立ち肌トラブルになります。

酒粕には保湿効果にも優れています。

<酒粕で肌荒れ改善>

ニキビや吹き出物女性の皆さんは悩みものですよね。

肌荒れは原因は多くから便秘からきているのです。

便秘は腸の中で溜まり発酵し有毒ガスが発生し肌荒れトラブルが起こります。

便秘が解消されれば肌荒れも自然と解消されていきます。

酒粕×便秘

酒粕には食物繊維が多く含まれており便秘で悩む人を助けてくれます。

ビタミンも含まれているのでターンオーバーがしっかり働いて肌トラブルも改善していきます。」

酒粕に含まれている成分

*セラミド…シミの原因であるメラニン色素の働きを阻害

*アルブチン…シミ、ソバカスの原因である酵素の働きを阻害

*プロリン…コラーゲン

*リノール酸…メラニンが抑制される

<酒粕健康予防効果3選>

酒粕のもう一つは身体の健康予防があります。

★酒粕 糖尿病予防1

糖尿病は膵臓な機能低下により体内のインスリンが作られなくなることです

★酒粕 骨粗鬆症予防2

年齢と共に女性ホルモンが減り更年期、閉経後など、骨密度が低下してなること

★酒粕 がん予防 3

アレルギー改善

悪玉コレステロール減少

動脈効果予防

認知症予防

 

 

酒粕

酒粕ダイエット効果

ダイエット効果にも強いとなるとますますうれしいですよね。

*タンパク質

*レジスタントプロテイン

*食物繊維

*酵素

が含まれています。

中でもレジスタンスプロテインは余分な脂肪吸収を排出してくれます。

<酒粕をとるに当たって2つ注意点!>

酒粕はもちろんお酒です。

栄養、美容、健康ととってもいい酒粕ですが摂取するにあたって注意点をご紹介いたします。

1. 酒粕 妊娠中 授乳中は控える

酒粕にはアルコールが含まれています。

血液からアルコールが胎児に運ばれて胎児が酔っ払ってしまいます。そのため

「胎児性アルコール症候群」になってしまいます。

授乳中も一緒です。必ず控えるようにしてください。

2.酒粕ではなく甘酒に変えるお子様にあげるとき

酒粕は当然お子様はあげないでください!!

酒粕ではなく栄養豊富な甘酒なら安心して飲ませることが出来ます。

甘酒は砂糖を使ってない自然な甘みなので妊婦 子どもにも大丈夫です。

甘酒は「飲む点滴」と言われています。

しかし飲みすぎは身体に負担が生じます。

 

酒粕のアルコール度数は?

酒粕に含まれるアルコール度数はおおよそ8〜9%前後と言われています。

大体ビール1本分の度数があります。

小さいお子様、妊婦、自動車を運転する人は酒粕は必ずやめてください!!

酒粕と甘酒の違い

初詣 ひな祭り お祝い事で振るわれることでお馴染みの甘酒ですが酒と聞くとお酒が入ってるかのように聞こえますね。

1. 甘酒は2種類

酒粕から作られた甘酒か?

米麹から作られた甘酒か?

アルコールを含むかどうかで分かれます。

2. 酒粕から作られた甘酒

これは酒粕にアルコールが含まれています。

アルコール度数はおおよそ1パーセントです。

(酒粕自体に8%アルコールが含まれている).

酒粕を加熱した場合アルコール度数は下がります。

3. 米麹から作られた甘酒

酒粕と違ってアルコールは含まれていません。

米麹はアミラーゼという成分が入っています。

デンプンを糖化することで甘味がでます。

美容と健康にいいのが米麹から作られた甘酒です。

酒粕のアルコール飛ばしかた

アルコールは78C°以上で加熱することで蒸発します。

煮込む料理ならほぼアルコールは消滅します。

酒粕自体アルコールを飛ばしたい時は料理で使います。

煮切りという方法でやります。

<煮切りやり方>

1.酒粕と水を混ぜ鍋に入れる

2.沸騰するまで加 アルコールを飛ばす

3.沸騰してきたら混ぜた液体に火をつける

4.液体についた火が消えたら完成

<まとめ>

普段売られている酒粕には驚くべき効果がありましたね。

酒粕と甘酒の違いもわかりました!

日本酒は健康にもよくお肌にもいいし改善策もあることがわかりました。

米麹ベースな甘酒はアルコール0%

酒粕ベースの甘酒はアルコール1%(8%アルコールが含まれている。)

お子様、車で運転する方が飲むなら米麹のみの甘酒を飲むことがよい

甘酒は身体に優しく栄養満点。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る