美白&美肌

なお
誰もが憧れる美肌、そして夏がやってきましたね〜

夏なんて美白になんてなれないって思ってませんか〜?ケアをすれば誰でも透明感になれるんです!

でははじめに

美肌、美白とはそもそもどのような状態なのでしょうか??

美白&美肌とは

肌がみずみずしく潤いがある肌

透明感がある肌

ハリと弾力がある肌

キメが整っている肌

の状態が美肌 美白といえるんですね。

美肌3要素

なお
もー少し詳しく美肌について書いていきます。

綺麗な人の美肌は3つのポイントがあります。

美肌1.みずみずしい肌

肌の水分量が多い人はみずみずしい肌です。

お肌の水分量 油分がバランスよくとれているとツヤツヤな肌になります。

美肌2.血色がよく透明感がある

血行がよく、肌に透明感があります。くすみがない状態です。

美肌3.ハリと弾力がある

お肌のコラーゲンがしっかり保たれるている状態です。シワ、たるみがなく、お肌がピンと張っていて弾力があるお肌です。

また食事 睡眠 スキンケアも美肌3要素に含まれています。

美肌は1つでもかけてると綺麗な肌が保たれません。

こちらも詳しく見ていきましょー!!

美肌要素1 食事

三食しっかりとってるからといって美肌になるとは限りません。美肌になるにはバランスよく食事を心がけましょー!

タンパク質 ビタミン ミネラル

美肌要素2 睡眠

綺麗な肌を作るには睡眠は欠かせません。睡眠不足は、健康にも及ぼし肌荒れも引き起こします。肌にはゴールデンタイムがあると聞いたことがあると思います。22時〜2時の4時間の間に美肌ホルモンが沢山出ます。

美肌要素3 スキンケア

メイクを落とさず寝るのは論外ですよね。肌が綺麗になるわけありません。しかし洗いすぎも肌の負担は大きくなってしまいます。

きちんと洗顔し毛穴が詰まってたら蒸しタオルで

毛穴を開かせてからスキンケア行うとより美肌になれます。

美白になるにはどうしたら?

ではどうしたら美白になれるか見ていきましょう。

美白対策1. 日焼けをしない

美白、 美肌を手に入れるにはもちろん日焼けをしないことです。紫外線は1年中降り注いでいます。日焼け止め対策をし、UVカットのSPF配合の下地 ファンデーションを選び対策をしてください。

美白対策2.ビタミンをとる

美白対策に必要なのは、ビタミンを沢山とることです。ビタミンといえば、ビタミンCをよく聞きますね。ビタミンCといえば、オレンジ グレープと果物を想像しますがそれだけで美白になろうと思っても偏った食事になってしまいます。

ビタミンCは、ほうれん草 小松菜、ブロッコリーも含まれているんです!!

またビタミンCは抗酸化作用があり、メラニン(しみくすみ、たるみ、しわ)を作り出すチロシナーゼの働きを抑え美白、美肌を手に入れることができます。

美白効果3. スキンケアを徹底する

美白になる条件の3つ目は、、、スキンケアを徹底にします。汚れた顔に美白入りの化粧水をいれたって白くはなりません。きちんと洗顔で綺麗に落とし美白入りの化粧水をお肌に浸透させてください。

美白成分配合

アルブチン

プラセンタエキス

トラネキサム酸

ハトムギエキス

ビタミンC誘導体

ローズエキス

自分にあった美白化粧水を選びましょ!また肌に合う 合わないがあるので肌が弱い方はタッチテストをすることをオススメします。

肌の刺激が強い成分

エタノール

パラベン

ハイドロキノン

使用してみて、肌がピリピリしたらやめてください。肌トラブルになります。

美白対策4. サプリメントをとる

美白対策4つ目はサプリメントを取ります。

美白成分配合のサプリメントは

出来てしまったシミを薄くする

メラニンを抑える

役割があります。

また続けれるサプリメントを選ぶようにしましょ。

美白対策5. 食事を心がける

美白対策5つ目は食事も気を付けなければなりません。

ビタミンACE(エース)は美肌作りには欠かせません。

ビタミンAは新陳代謝を高め皮膚や粘膜の保護をしてくれます。

ビタミンCは抗酸化作用がありメラニンの抑制をしてくれます。

ビタミンEは女性ホルモンを正常にし血行がよくなりよくなり肌が綺麗になります。

一日に摂取するビタミンA

成人男性800~900ug 成人女性650~700ug

ビタミンAは脂溶性のビタミンAで魚 卵 乳製品などに含まれています。

日ごろから口にするものはビタミンAが豊富に含まれています。

その中でも鶏肉レバー 豚肉レバーは14,000ug 

正し妊娠中はレバーによるレチノール過剰摂取は注意が必要です!!

ビタミンCの一日の摂取量

ビタミンCは水溶性の為たくさん摂取しても尿として排出されるため問題ありません。

免疫低下 ストレスを感じたときは摂取するといいでしょう。

ビタミンEの一摂取量

成人男性 750~900mg 成人女性650~700mg

ビタミンEは天然型 合成型の2種類に分かれます。

ビタミンEは過剰にとると出血する傾向があります。

ビタミンEの食材と聞けばナッツ(アーモンド)ですよね。

そのほかの食材

モロヘイヤ

ウナギ

かぼちゃ

アーモンド

老化防止にも有効で若返えりビタミンともいいます。

 

美白から遠ざけるNGな食事

砂糖の取りすぎは美白から遠ざける

砂糖は甘いしやめれない。それは麻薬の症状と似ています。

そんな大げさな!?となるかもしれませんが甘いの食べるとほっとしますよね。

糖分をとると頭がぼーっとするときないですか?甘いの食べないとイライラしたり依存が高くなり結局また手に取ってしまう。

負のスパイラルにはまってしまい肌はどんどんボロボロになってしまいます。

最近のラット実験で砂糖と麻薬の共通点もみつかったそうです。

美肌の条件は砂糖は控えることです。とはいっても白砂糖だけではなく飲料 間食 ケーキに含まれているので気を付けなければなりません。身体が糖化してしまいますよ・・・ですが全取らないのも身体に毒ですのでバランスよくしないといけません。

アルコールは美肌から遠ざける

アルコールの過剰摂取はお肌によくありません。

活性酸素がメラニンを増やしてしまいます。

またビタミン ミネラルも破壊されてしまいます。

より透明感を出すには

水分補給をこまめに取る

より美白(透明感)を出すには水分補給をしっかりとりましょう。

水にはデトックス効果があります。身体の毒素を出してくれ肌も潤いがあるお肌になります。また新陳代謝もよくなり肌のターンオーバーも働いてくれます。

一日の水分量 1.5リットル

常温の水を朝起きてから夜寝る前にコップ一杯分飲みましょう。あとはこまめに取るように心がけましょう。

血行をよくする

身体が冷えてては美白にはなれません。冷え性の人は血行が悪く顔がくすんでいます。美白になる条件は血行をよくし身体を温め、マッサージをすることです。

まとめ

誰もが憧れる美白 美肌。あの人はなぜ綺麗なのか

芸能人はなぜあんなに透明感が出てるのか?

皆努力はしています。内側からきれいになり今日から積極的に食事を心がけサプリメントで補いましょう。食事面だけではなく一日1.5リットルから2リットルの水を細かく分けて飲み、オフの時は肌を休ませてあげることも美白の近道かもしれませんね。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る