スチーマーの美顔器って毎日すればきれいな肌になるのですか?

ぱんだ
へへっ!!ついに美顔器ゲット~
なお
パンダちゃん ご機嫌だね~美顔器手に入れたんだ~
ぱんだ
今日から毎日やるんだ~
なお
えええ~~~~ちょっと待って!!

毎日は使用しちゃダメ!!

ちょうど美顔器について詳しく話したいからちゃんと聞いてね~

ぱんだ
毎日ダメなの?はぁぁ~い

皆さまも美顔器を手に入れ今日から毎日こつこつやるぞ~っっと思ったことありますよね~美顔器はお家で好きな時に出来エステに行くよりは全然安いですもんね~

ですが、、、、実際こんな意見を聞きます。

毎日やることっていいのかな?疑問に思っている方がいました。

美顔器は毎日使用するものではありません。

なぜなら肌が敏感になり肌にはとんでもないダメージを受けてしまうからです。

ですが心配はいりませんよ~

今回はきちんとしたやり方 不安要素を取り除くことについてご紹介いたします。

まずはじめに

毎日美顔器スチーマー仕様はOK?

お肌が綺麗になれると思うと毎日使用したくなると思います。

ですがこれは良いとは言えないんです…

週2〜3日間程度にしてください!!

なお
なぜ、毎日使用がダメなのかその原因を見ていきましょう〜

毎日美顔器を使うとダメな4つの原因

原因1.肌のダメージが受けやすい

どの美顔器も使い過ぎは肌にダメージがあたってしまいます。

美顔器を使うということは刺激が強すぎて肌はダメージを受け

せっかくしているのに効果がありません。

特に超音波の刺激は強いです。

顔がたるむ 吹き出物ができる症状が起きてしまいます。

原因2.毛穴が開きやすくなる

スチームが特にそうです。

毎日することにより毛穴がどんどん開き元にもどらなくなってしましまいます。

原因3.肌が乾燥しやすくなる

使い過ぎが肌を乾燥させる原因にもなります。

美顔器は刺激が強いのでお肌に炎症が起こるため乾燥してしまいます。

原因4. 肌が慣れてしまう

美顔器の使い過ぎで肌が慣れてしまうことがあります。

美顔器がないと肌は浸透できずといったことが起こります。

ぱんだ
美顔器って毎日ダメだったんだね~ 知らなかった~
なお
そうよ~私はスチーム式のを毎日してたの~最初は効果があって良かったけど

肌は赤くなるし 吹き出物はできるし、なかなか化粧水が入ってくれなくこまってたの~ 週2日ぐらいで全然大丈夫なんだよ~

ぱんだ
じゃあさ~美顔器の効果はどんなのがあるの~

美顔器の効果

昔と比べ美顔器も種類豊富になりました。

超音波美顔器

スチーム美顔器

イオン導入美顔器

ローラー美顔器

など種類は豊富です。一つ一つ見ていきましょう!

超音波美顔器 7つの効果

たるみ むくみ しわ ほうれい線 毛穴 美白 小顔(マッサージ)効果

超音波・・・人間の耳では聞こえない周波数の音のこと。

1秒間に100万回振動します。

肌の細胞と細胞の間に美容成分が入りケアが出来ます。

また超高速な振動でマッサージ効果もあります。

ぱんだ
これこれ~これゲットしたんだ~すごい効果あるね~

スチーム美顔器 4つの効果

毛穴 引き締め しわ むくみ 効果

浸透力が高く肌の保湿力が高まります。

ナノ成分・・・小さい粒子がお肌に浸透する

肌内部は潤うので乾燥肌にはおススメです。

なお
私が使用しているのはスチームタイプです。

イオン導入美顔器 4つの効果

シワ ほうれい線 美白効果 肌荒れ

イオン導入・・・小さい電機の力で美容成分を浸透させるしくみ

普段使っているスキンケアをコットンに染み込ませその上からイオン導入器で

肌の奥まで浸透させるだけの簡単な美顔器です。

ローラ美顔器4つの効果

リフトアップ たるみ むくみ ほうれい線

ローラはスティック Y型の2種類あります。

スティックタイプは重量も軽く持ち運びが便利です。

ゲルマニウム パワーストンが埋め込まれていてお肌を整えてくれます。

Y型のローラー美顔器は少し重さがあります。

ローラーを皮膚に挟み転がすことでリフトアップ効果

セルライト効果があります。

ぱんだ
お肌の調子をみて週2日ぐらいでやってみる~ ありがとう~

<まとめ>

なお
より美しいお肌になりたくついつい毎日ケアは欠かせない。

ですが、、、美顔器を使用するにあたって毎日のケアは返って

肌がダメージを与えてしまうことがわかりましたね~

美顔器は色々な種類があります。

ひとそれぞれ改善したい個所は違いますよね。

自分に合った美顔器を使用しより美しいお肌を手に入れましょ!!正しく使用すればより効果が期待できますよ!!



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る