顔汗が酷くてメイクが崩れる!今すぐできる顔汗対策

多汗症?顔や頭からの発汗が多いのでなんとかして改善したい

・ちょっと歩いたたけで顔から滝のように汗がでる

・何もしなくても顔や頭だけ汗をかく

・気温にかかわらず汗をかくけど、特に夏はひどい

特に夏場は顔汗が気になりませんか?

飲み会や彼氏とのデートの時など、顔汗がひどいとメイクが崩れちゃって最悪ですよね…

ではどうすれば顔汗を抑える事ができるのでしょうか?

あなたの顔汗の原因はストレス性?それとも運動不足?

・顔や手、足など一部分だけ汗が酷くなるのはストレスや緊張が原因になっている可能性があります。

これは身体が緊張状態=緊急事態と判断して、心拍数を上げる事によりいつでも身体を動かせるように備えていると言われています。

・ホルモンバランスの乱れが過剰に汗をかく原因になります。

女性ホルモンには汗腺を調節する働きがあります。

しかし女性ホルモンが乱れると汗腺の調節機能も衰えてしまい、暑くもないのに汗がでてしまう原因になります。

顔汗が酷い人の中でも特に更年期を迎える女性は女性ホルモンの乱れが原因となっている可能性が高いです。

・また、一日中クーラーが聞いている部屋で過ごしていたり運動不足で汗をかかない生活をしていると、心臓から遠い手足などの汗腺が衰えて汗をかきにくくなります。

その結果比較的汗腺が活発になりやすい顔周りの汗が多くなります。

顔汗が酷い人の多くは運動不足や生活習慣により汗腺が衰えていることが原因だといわれています。

ひどい顔汗を抑える3つの方法

いちばん簡単でオススメなのが顔用の制汗剤

濡らしたタオルなどで首を冷やす

濡らしたタオルで首周りを冷す事によって顔汗を抑える事ができます。

特に首の後ろ、鎖骨下のリンパも冷すと効果的です。

これは首回りのリンパや血管を冷す事により、体温が下がり発汗を抑える事ができるからです。

体温を下げる事によって血流を抑え身体の発汗を抑える事ができます。

冷やしたタオルやスカーフが使いやすいですが、冷たいペットボトルでも代用ができます。

顔汗が酷い時はまずは首回りを冷やしてみましょう。

適度な運動をして全身の汗腺を活性化させる

衰えた汗腺を活性化させることにより、顔以外から汗を出す事ができます。

全身からバランスよく汗を出す事により顔汗を抑え事もできます。

汗腺を活性化させるためにはまず汗をかく必要があります。

特に汗をかきやすいランニングなどの有酸素運動が最適です。

体力不足や怪我などでランニングが難しい場合はウォーキングや自転車を使った運動でも効果があります。

運動自体全くできない場合は、サウナや足湯でも効果はあります。

全身の体温を上げて発汗を促す事により汗腺が活性化されます。

まずは自分でできる運動から始めてみましょう。

顔汗対策まとめ

・緊張が原因で顔汗がひどくなることがある

・手や足の汗腺の衰えにより、比較的汗がでやすい顔からの汗が酷くなる

・ホルモンバランスの乱れにより顔汗がひどくなる

・顔専用の制汗剤が手っ取り早く効果抜群

・首回りの血管やリンパを冷やすくことにより顔汗を抑える効果がある

・運動によって全身の汗腺を活性化させることにより顔汗を抑える

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る