アトピー性皮膚炎の痒さをどうにかしたい。少しでも和らげる食べ物

アトピーの方で肌に髪が触れただけで、痒くなることってありますよね。強い痒みと発疹の繰り返しで
もうーどうにかしたい!ってことありませんか?

今回はアトピー性皮膚炎の方に、食事で少しでも

改善 漢方薬は本当に効くのかをご紹介致します、

ますはじめに

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は気管支炎、アレルギー性鼻炎 結膜炎 アレルギー反応を起こしやすい方は生じやすいです。また皮膚のバリア機能が弱い人に起こりやすくなります。

アトピー性皮膚炎症状

年齢により症状が変わっていきます。顔全体だったり耳 口 身体全体に関節部分などに痒み 湿疹が出来その繰り返しとなり慢性化してしまいます。

6か月たっても治らなければ慢性と判断します。

乳児は2か月以上。

主な症状

赤み かゆみ じゅくじゅくしてひっかくと汁がでる

皮膚が硬くなりゴワゴワになるのが特徴

手 足 口まわり 首 耳のまわり 体の関節部分の内側に出やすい

アトピー性皮膚炎原因

原因1.皮膚のバリア機能が低下してる人

皮膚は外側から表皮 真皮 皮下組織という3層から成り立っており一番上の角層がバリア機能を担っています。アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が弱まっており角質の細胞の間にある天然保湿因子が減ってしまいます。そのため外からの刺激やアレルゲンが侵入しやすくなります。

原因2.ハウスダスト

外からの刺激で皮膚にダメージを与えてしまいます。

花粉 ほこり ダニ カビなど

原因3. 紫外線や汗によるもの

紫外線に浴びて皮膚に刺激が起こると痒くなってしまうのもアトピー性皮膚炎の原因です。

また汗や皮脂の汚れが原因と言えます。

原因4.生活習慣から起こるもの

生活環境によるストレスで起こることもあります。

主に

ストレス 寝不足 食生活 など

今やアトピー性皮膚炎は10人に1人の確率で発症しています。子供の時はなかったのに大人になったら、発症したケースはストレスや食生活 日々の生活で変わってしまったものです。

アトピー性皮膚炎予防

アトピー性皮膚炎の診断が出たらかかりつけの皮膚科に行き治療を行いますが自分たちで予防することも出来ます。実は食ベもので痒さを引き起こしてるかもしれないんです。

痒みが起こす成分のことをヒスタミンといいます。

ヒスタミンは多くの食べものに含まれています。

代表的に長芋が挙げられます。長芋のネバネバが口に触るだけで痒くなることってありますよね。

長芋にはヒスタミンが多く含まれているんです。



食生活を少しでも変えれば予防にもなります。

ヒスタミンを多く含む食品

痒みが増す食べもの一覧

ほうれん草 イワシ タコ ビール ココア 豚肉

エビ たけのこ 長芋 アサリ タラ トマト

痒みを抑えてくれる食べもの

アトピーが酷い方 痒みに耐えられない方は

少しでもヒスタミンを抑える食べものがあります。

痒みを抑える食べもの

イチゴ ブロッコリー ヨーグルト 納豆 紅茶 など

漢方薬

漢方薬でも痒みを抑えてくれます。

温清飲という漢方薬です。

テレビでも話題になったことから広がってきていますね。

漢方薬は自然の草や木からとった生薬で出来ています。

温清飲の効果

出血を抑える

手足のほてりを取る

ホルモンバランスを整える効果

生理不順、生理痛、皮膚の痒み、更年期障害などの効果

漢方を服用する際は書かれている使用量をきちんと守り服用してください。

 



 

まとめ

アトピー性皮膚炎は慢性になると繰り返しの症状が起こります。かかりつけの病院に治療してもらうのも1つの手ですが、日々の生活の中でスキンケア、保湿をしっかり行いストレス対策を行うことがアトピー改善につながるかもしれません

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る