注意!!朝にフルーツを食べるとシミが出来やすくなる

朝にダイエットのためにフルーツを取る。そんなことしていませんか?果物によってはシミができやすくなってしまうのはご存知でしたか??

結論から言いますとシミができる元は紫外線です。

日焼けと食べ物は関係があります。

日焼けをしたくないなら朝には食べていけないものもあります。

どんなフルーツが朝にシミを作り出してくのかご紹介致します。

日焼けと食べ物の関係性は!?

日に焼けてしまうとシミができるのは皆さんご存知だと思います。日焼け止めクリームに日傘サングラス紫外線対策はバッチリと言う方も食べ物によって信用を作ってしまう元となってしまうんです。

その正体はソラレンと言う成分です

ソラレンとは

光毒性物質のことです。せっかく紫外線対策し 日焼け止めをしているのに、ソラレンを摂取してしまうと紫外線を吸収する性質があるため活性化して肌にダメージを与えてしまいます。

紫外線を吸収しやすい成分が食物にあるわけです。

朝のフルーツ、野菜はシミを作るもと!?

ビタミンCは肌にとっても良い事は皆様もご存知だと思います。ビタミンCのフルーツと言えばレモン,オレンジ,グレープフルーツなどが挙げられますが、、、これらはフルーツに含まれているソラレンが多く含まれているのです。

朝にソラレンが多く含まれているフルーツを食べてしまうと直射日光浴びてシミができやすくなってしまうのです。

ソラレンを多く含むフルーツ

ではここでソラレンが多く含むフルーツをご紹介いたします。

柑橘類、野菜にソラレンが多く含まれています。

フルーツ全般

柑橘系

レモン オレンジ グレープフルーツ

その他

いちじく キュウイ など

野菜全般

セリ科

セロリ パセリ 大葉 アシタバ

その他

じゃがいも きゅうり

ここで勘違いされるのはソラレンがあるからといってこれはの食材を取ってはいけないということわけではありません。朝に食べるのは控えていただき気をつければいいわけです。食べるタイミングがあるんです!!

ソラレンは取り入れてから約2時間から5時間の間に紫外線を吸収しやすい身体になってしまいます。朝のお出かけの際やスポーツをする前は紫外線を浴びる可能性があります。ソラレン食材を取るのは日焼け後の時の方が良さそうです。

なぜならビタミンCには日焼け後の肌のダメージの回復や健康な肌を作るためには欠かせないからです。



ではせっかくなのでソラレンが少ない食べ物もご紹介いたします。

ソラレンが少ないフルーツ

フルーツ全般

りんご スイカ バナナ いちご 桃 ぶどう

野菜全般

大根 ごぼう 人参 かぼちゃ

ネギ レタス キャベツ トマト

全く日焼けをしたくない人はソラレンが少ない果物 野菜を食べるようにしましょう。

また朝食にはトマトがおススメです。

メラニン色素の生成を抑えリコピンが多く含まれているので美白効果が期待できます。

ここまでソラレンに含まれている フルーツ 野菜はわかりましたね。

では肌に影響がでるソラレン量はだいたいどれぐらいなのでしょうか?

肌に影響が現れる量

ソラレンが10ミリ以上で肌に影響が出ます。

コップ(500ml)スムージで2杯分ぐらいです。

外に出ないならフルーツをとってもいいの?

外出しないなら、朝にフルーツ スムージはいいんじゃない?という方

シミを作りたくない 日焼けをしたくないなら控えた方が良さそうです。

なぜなら、部屋の中にいても 会社の中でも窓の光で紫外線は降り注がれています。

注意が必要ですね。

毎日の水もおいしく安心して飲める方がいいですよね~

そんな方におススメ↓



まとめ

朝にフルーツを食べるならソラニンが少ないのを取るのが良さそうですね。一度できてしまったシミは中々消えないので

紫外線対策をしてても、食からシミをできやすくしてしまうことが分かました。余談ですが紫外線を浴びてしまったときは

抗酸化作用のたべものをとることをおススメします。ビタミンEのナッツ類 アボカド キウイなどです。

また紫外線を浴びてしまったら入念に保湿をしアフターケアをしてあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る