注意!肌荒してた原因はコスメの成分かも。敏感肌の人は避けたい成分

肌がもともと弱い方 メイクをして肌が荒れてしまう方、女性でおしゃれしたいのに、悩んじゃいますよね。。。私も敏感肌なのできもちすごいわかります。。。化粧しただけで、肌がかゆくなってしまう、次の日は肌荒れを起こす。そんな経験ありませんか?今回肌に優しいベースメイク、敏感肌にあわない成分をリサーチしました。ぜひチェックしてみてください!!

メイクはしない方が肌にいいのか?

メイクすると肌荒れする。メイクがそもそもつけてる感じが好きじゃなく、何もつけないまま1日を過ごすいわゆるすっぴん生活。そもそも肌にいいのか。気になるところですよね。メリット デメリットでまとめてみました。

メイクをしないメリット

☆メリット1.化粧崩れ心配ご無用☆

まずメイクを肌につけてないので化粧が崩れたーと心配しなくてもよく何も気にせず、1日過ごせます。

☆メリット2.お出かけの際ポーチ不要☆

化粧をしていないのでポーチを持っていく心配なし!

☆メリット3.自信がつく☆

化粧をしていないので、肌に負担がかかる心配がなく、肌が綺麗になり、自信がついていきます。

メイクをしないデメリット

*デメリット1.外部からの刺激が受けやすくなる*

何もつけていないと、紫外線、ほこりなど直接肌に当たってしまい肌荒れの原因になります。

必ずメイク下地や日焼け止めなどはつけるようにしてくださいね。

*デメリット2.すべてにおいてだらしなくなる*

化粧をしないと、すべてにおいてだらしなくなってしまいます。日々の生活の中でだらけ女子なってしまいがち。髪はぼさぼさ、食事を減らす。寝てばっかり。と日々の暮らしのハードルがどんどん低くなってしまい、ひどい場合だとネグレクトになってしまうかも。。。

*デメリット3.ぼけやすくなる*

身体全体を動かし化粧をしますよね。何かを手に取るときは手を動かし、どうしたらかわいく、きれいになれるかと頭で考え、鏡を見るときは目で顔をチェックし、脳も動かします。化粧をすることで感情も出て、心身のバランスもとれます。私たちは常に身体を動かしながら脳を使いながら生活しています。

身体を動かさないと当然血流が悪くなり物事を考える力も鈍くなります。結果ぼけてしまうのです。

肌荒れしてる時はメイクはしない方がいいの?

肌荒れしてる時はメイクをしない方がいいと言われています。メイクをしなければいけない時ってありますよね~。

肌荒れしているときにどのようなメイクをしたらいいでしょう。

肌荒れしてるときのメイク方法

化粧下地 ファンデーションを使うことでノリがよくなりますが肌への刺激をなくすために

合成界面活性剤、香料などが配合されていないのを選ぶのがよさそうです。

肌荒れしているときにはパウダータイプを選ぶ

ミネラルファンデーションは肌に優しい成分含まれている

肌荒れしているときはなるべく肌に負担がかからないようにすることが重要です。

敏感肌の原因

ではなぜ、私たちは敏感肌になってしまうのでしょうか?敏感肌の原因は人によってさまざまですが、共通して言える点がなん点かあります。それは日々の生活が原因でした。

原因1.不生活な環境で生活をしている

忙しい毎日の生活が原因で敏感肌を作ってしまっているかもしれません。

こんなことしていませんか?

食生活がきちんととれていない。

睡眠不足。

外食が多い。

ストレスを抱えている。

生活が不規則だと肌のターンオーバが乱れ、うまくサイクルが出来なくなります、

結果正常に栄養が行き渡らなくなり、肌が乾燥、敏感肌になってしまいます。

原因2.ホルモンバランスの乱れ

女性は周期がありますよね。ホルモンバランスで心身のバランスを取っています。月経前肌が荒れたり月経後は食欲が増し、涙もろくなったりしませんか?月経になると一定の期間ホルモンバランスが崩れます。そのため肌質も変わってしまい、敏感肌になってしまうことがほとんどです。

ストレスを溜めることなくリラックスして過ごしたりすることが解決に繋がりますよ。

敏感肌の方必見!ファンデーションを選ぶ時の2つのポイント

敏感肌でも使えるファンデーションの選び方をまとめてみました。

ポイント1.油分の少ないファンデーションを選ぶ

ポイント2.合成界面活性剤入りは使わずオーガニックや無添加の自然のものを使用する

2つのポイントを抑えれば肌への負担は軽く済みます。

敏感肌には、ルースファンデーション パウダーファンデーションがおススメ

油分が少なく、石鹸でも落とせるので、刺激が軽減されます。

敏感肌にNGファンデーション

敏感肌にあまりおすすめしないファンデーションがあります。

リキッドファンデーション クリームタイプのファンデーションです。

理由としては、、、、

敏感肌さん人は、油分の多いリキッドファンデーション クリームタイプは化粧を落とす際、洗浄力の強いクレンジングでないと落ちないことがあります。実際洗顔後、ふき取り化粧水を試してみたところ

まだファンデーションが残っていました・・取れていると思ってメイクをしていけば、当然肌は汚くなってしまいます。またごしごし洗うことで肌を傷つけてしまいがち。

最後に刺激が強い成分をまとめてみました。

敏感肌に刺激が強い成分

合成界面活性剤

合成ポリマー

防腐剤

酸化防止剤

必ずしもダメとはありませんが、あくまで敏感肌さんにはあまり好ましくないでしょう。

↓のコスメもぜひチェックしてみてください。

自然派コスメが多いです!!



まとめ

今回は敏感肌に優しいメイクについてご紹介いたしました。今使っているファンデーションが合わないかゆくなる 肌荒れがするなどがあれば、新しいファンデーションに切り替えってみるのもいいかもしれませんね。もしかしたら、自分に合わない成分が配合されていてトラブルがあるかもしれません。

今回はベースメイクについて書きましたが、次回はどのファンデーションがいいのか書いていこうと思います。少しでも肌への負担を減らしストレスフリーになればいいですね。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る