繰り返す大人ニキビができたあとの注意点と洗顔方法

ニキビができるのって本当に嫌ですよね・・ニキビはなぜできるのか?

生活習慣?ストレス?色々ありますが、ニキビを治すことだけではなく、

今回はニキビの仕組みニキビの予防法・注意点についてご紹介します。

ニキビができるきっかけは、皮脂の過剰分泌が原因。毛穴のつまり、角質が厚くなり、毛穴をふさいでしまい、アクネ菌が発生しニキビの原因になります。

ニキビの種類と原因

ニキビのタイプは正常な肌を含めて5種類に分けられます。

正常な肌

正常な肌は皮膚の毛穴の出口が開いています。

保湿を行い、バリア機能を高めれば大いに改善されます。

皮脂が多い方でしたら、油分が少ないビタミンC誘導体でコントロールしましょう。



角質肥厚

角質肥厚・・・・紫外線などの影響により、皮膚の角質が厚くなり硬くなること。

角質肥厚になりやすい方は、汚れを放置していたりニキビを早く治したいからと、洗顔のしすぎで肌に刺激をあたえ、毛穴の部分があつく角質に毛穴がたまることをいいます。

ホルモンのバランスが崩れると角質肥厚になりやすいです。

解決策・・・ニキビ肌用のスキンケアを使用。(皮脂抑制・炎症予防)

硬くなっている皮膚なので角質ケアもおススメ。


白ニキビ

毛穴の出口部分がふさがり皮脂がたまってアクネ菌が増える。白ニキビは、皮脂が酸化すると黒ニキビにもなる。

解決・・・・角質肥厚と同様に、ニキビ肌用のスキンケアを使用する

赤ニキビ

赤ニキビが厄介です。毛穴内に炎症が起こり毛穴まわりが赤く腫れあがってしまい赤ニキビになります。白血球がニキビの元となる「アクネ菌」を攻撃するからです。

悪化すると、膿がでて、液体の黄色っぽいのが出てくるようになります。

解決・・・できるだけできた個所は触らないように。すぐに皮膚科で見てもらうことをおすすめします。また赤ニキビは炎症を起こしているので、洗顔の際は優しく洗うことです!

皮膚科の先生と相談し洗顔方法をしてください。

クレーター

クレーター。なじみがない方もいますよね。

クレーター・・・・肌の凸凹のことをいいます。ニキビ跡といえばイメージつきますね。

赤ニキビから悪化すると毛穴の壁がこわれ、へこんでしまうことをいいます。

メイクをしてもぼこぼこさがきえないのは、クレーター肌です。

解決・・・・医療機器の専門家に見てもらうことをおススメします。

主にレーザーで肌のターンオーバを促進して改善されていきます。

ターンオーバ・・・肌のうまれかわり

ニキビの対策

ニキビの種類はわかりましたね。ニキビは出来てしまったら、治すのに結構時間がかかってしまいますよね。治す方法としては洗顔、スキンケア、生活習慣の見直しですが、次から、作らせないためにも予防方法はたくさんあります。日頃のケアを欠かさず、バリア機能を高めていきましょう!

予防方法を6つご紹介していきます。

1つ目 洗顔は必ずする

ニキビ予防で必ず必要なのは「洗顔」!ごしごし洗うことなくやさしくがポイント!


余分な皮脂はしっかり洗い流す。1日2回洗顔でOKです。*洗いすぎは悪化します。

洗顔後は保湿たっぷりの化粧水で整えましょう!

 

2つ目ニキビが予防医薬品を使用する

皮脂を抑える効果の成分、ニキビ予防効果の医薬品化粧品を使ってください。

主に・・・皮脂抑制・殺菌剤・炎症効果のを使用する

3つ目油分のすくないクレンジングを使用する

クレンジング、洗顔で油分の多いのを使用していませんか?ニキビが出来やすい人は、

油分のすくない化粧品を使用してください。アクネ菌は油分をえさにし、ニキビを作らせる原因です。



4つ目バリア機能を高める

肌のバリア機能を高めれば、毛穴がつまったり、角質があつくなったりしません。

肌のターンオーバを正常にし、保湿をたっぷりしましょう。

角質が厚くなった際はピーリングがおすすめです。

*皮膚が炎症を起こしてる時、月経前・月経後はピーリング使用は控えましょう。

5つ目生活習慣の睡眠は必ずとる

生活習慣が乱れていると、身体の免疫がさがり、肌まで影響をあたえ、、ニキビを作る原因です。

規則正しい生活をし、睡眠はしっかりとりましょう。

6つ目サプリメント、ビタミンで予防する

ニキビがすぐできやすい人はサプリメントで予防をするのもいいでしょう。

ビタミンBが不足すると、ニキビができやすくなってしまいます。

ビタミンA B-カロチンはニキビの炎症を抑えてくれます。

ニキビができたときの注意点

ニキビの予防方法は分かりましたか?

最後に、ニキビができたときの注意点についてすこしだけご紹介します。

こんなことしていませんか?

ニキビをつぶす

ニキビができたらつぶす。一度はしたことありますよね~。意外となおった。なんて聞いたら、ニキビができたらつぶすを繰り返すと思います。確かに、ニキビをつぶすことは皮膚科でもしていますが、専門医の先生なのでくれぐれも自分でしないようにしましょう。

ばい菌が入り、化膿してしまいます。

髪をさわる

髪の毛の生え際にニキビがあるとついつい、髪の毛を触ってしまいがちですよね~。

髪を触る癖がある人は注意が必要です。髪の毛の刺激でニキビが悪化してしてしまいます。

洗顔をなんどもする。

先ほどもご紹介しましたが、洗顔は1日2回までです。ニキビが出来ると早く良くなると思い込んで顔を何度も洗ってしまいがちですが、、、、、間違いです。人間には必要な皮脂があります。何度も洗いすぎてしまうと、必要な皮脂が洗い流されてしまい、肌荒れが悪化してしまい、乾燥肌になってしまいます。泡を転がすようにやさしく洗顔をしましょう。

まとめ

今回はニキビの種類、ニキビの対策についてご紹介しました。ニキビができたら、早く治したい気持ちがあり、間違った行動をしていたかたは今日から見直していきましょう。

ニキビにさせないためにも、毎日の予防をし、きれいな肌になりましょう~

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る