シミの種類は5種類だった!種類と手入れ方法のまとめ

ふと見つけてしまったお顔のシミ・・・・みつけるとずっと気になって仕方ない。シミ消えないかな。シミ・・・・・っと思っている方いませんか?いくらシミ対策しても自分シミの種類に当てはまらなければ、改善は程遠くなってしまいます。

シミの原因はたくさんありますが、大きな要因は紫外線が原因です。

シミの種類によって対処方法が変わってきます。今回はシミの種類とお手え入れ方法について

ご紹介します。

シミの種類は5種類

シミと言っても様々な種類のシミがあります。

正しいシミ対策をするには自分のシミを知っておかなくてはなりません。

あなたのシミは何シミ?

老人性色素班(日光性黒子)

シミの代表的なのが、老人性色素班。長年の紫外線の影響により肌の老化でできたシミのことをいいます。直径数ミリから数十ミリのさまざまの大きさで形は丸っぽい。

主に・・・頬の高い所にできやすく、薄茶からしだいには黒くはっきりしてくるのが特徴。

そばかす(雀卵斑)

ソバカスは遺伝的になることが多いです。幼児期から思春期にかけ目立つ傾向があります。

またホルモンバランスの変化によってソバカスができてしまうこともあります。

直径2~3㎜で広がってできてくるシミです。薄い茶色をしています。

主に・・・・頬や鼻を中心に散らばるようにできてきます。

炎症後色素沈着

ニキビ跡や虫刺され、傷などによる肌の炎症後にできるシミのことをいいます。

本来は自然に治りますが、ターンオーバがうまくいかず角質がのこってしまいできるシミです。

赤から黒い色までさまざま。

肝斑

紫外線の影響・ホルモンバランスが崩れできるシミ。

左右対称にできるシミです。

主に・・・・頬あたりにでき上唇・下あごにもできます。

老人性イボ

表面が盛り上がってイボのようにできたシミのことをいいます。

茶色から黒色をして形はさまざまです。

主に・・・加齢によってできます。


 

シミの原因

シミの種類がたくさんあることはわかりましたね。ではシミになる原因も簡単にご説明します。

身体にはメラニン色素が蓄積され色素沈着となり、シミになります。

主に紫外線の原因ですが、ホルモンバランス・睡眠不足・ニキビ跡・皮膚への刺激・加齢・免疫の低下からもシミをつくってしまう原因です。

皮膚はいくつもの層が成り立っていますが、基底層という部分にあるメラノサイトが紫外線やホルモンの影響で刺激を受けメラニンの色素がつくられシミになります。

種類別のお手入れ方法とは

シミになる原因もなんとなく分かりましたでしょうか?

では早速シミの種類別でどんな対策(お手入れ方法)があるのかみていきましょう。

老人性色素班のお手入れとは

紫外線をさけ、UVケアをすることです。まだ薄いシミなら美白化粧品でいいですが、大きなシミの場合は、改善はむずかしいです。全く消えることはないので、、、

レーザ治療などをおすすめします。お値段は場所によりますが1回15,000~30,000ほど

そばかすのお手入れとは

そばかすも同様に、紫外線をさけ、UVケアで対策することをおススメします。

遺伝でなっているので美白化粧品はあまり効果がない。

レーザ治療もいいですが、再発する可能性もあります。

炎症後色素沈着のお手入れとは

美白化粧は効果がありそうです。洗顔も優しくするのがポイント。

レーザ医療は不向きです。

肝斑のお手入れとは

紫外線をさけ、UVケアで対策をとることをおススメします。また美白化粧品も効果があります。

場所によりますが、肝斑は美容皮膚科で1万円ぐらいでできるとこもあります。


まとめ

今回はシミの種類についてご紹介しました。

一度できてしまったシミは、美白化粧品で改善に至ることもありますが、大きなシミや種類によっては、レーザなどの治療が必要になってしまいます。レーザ治療もお値段がするので、下調べをしてどこの美容皮膚科がいいのか3つほど挙げてみてもいいかもしれませんね。

シミ対策としては、「これ以上つくらない」ことが大事です。

できることからはじめてみましょう。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る