これさえ知ってればより綺麗になれるベースメイクの正しい手順方法

女性の皆さんは、メイクってしますよね~。すっぴんに近いナチュラルメイク・イガリメイクと外国人メイクとメイクの種類はさまざまですが、、、

基本的なメイク方法って知っていますか?

今回は、これさえ知れば、ナチュラルメイクが一段と生える方法をご紹介します!(ベースメイク編)

ナチュラルメイクの基本

厚塗りせず、自然に見せてくれる、ナチュラルメイク。すっぴんとはまた違い、肌を綺麗に見せてくれる魔法のメイクですよね。

ナチュラルメイクは大きく分けて二つにわかれます。

1つ目 ベースメイク

ベースメイクを割り振ると、、、

化粧下地

↓(コンシーラ)

リキッドファンデーション(毛穴をカバー)

フェイスパウダー・パウダーファンデーションの順につけていきますよね。

フェイスパウダーの基本つけ方

しっかりつけたいなら、パフで、、、ふんわりなら大きめにブラシでつけると、綺麗に仕上がりますよ!

2つ目 ポイントメーク

フェイスカラー(ハイライト・シェーディング)

顔の形によってハイライトだったり、シェーディングの入れ方が変わります。

画像はありませんが、、簡単にまとめたので見ていきましょう~。

面長の人は、、、顔の額の生え際と・顎先にシェーディングをいれ、目の下にハイライトをいれると立体感がでます。

丸顔の人は、、、顔も外側にシェーディングをし、額、鼻筋、目の下にハイライトを入れると立体感がでます。

逆三角形の人は、、顎先に向かってほっそりとしている部分にハイライトをいれます。額にはシェーディングを入れると奥行きがでます。

ベース型の人は、、えらが張っている部分にシェーディングをいれハイライトは額・鼻筋にスッといれます。

 



アイブロウ

アイシャドウ

綺麗にみせてくれるアイシャドウ。みなさんはどのようにアイシャドウを目元に乗せてますか?

主に・・・チップ、ブラシ、指でぼかすなどをしていますよね。

チップを使う際は、、、色を濃くはっきりさせた時に使うのがおススメ!目の際に乗せるときはチップを使うのがベスト!

大きめのブラシを使う際は、、、まぶた全体アイホールにシャドウをのせたいときに使うのがベスト!

指で使う際、、、クリームタイプやリキッドのアイシャドウがいいでしょう。ぼかしたいときに使うのもいいですよ!

ナチュラルメイクをしたいときは、大きめのブラシを使うと濃くしすぎないので綺麗に仕上がります。

アイライン

ここで二重のアイラインの引き方と一重・奥二重のラインの引き方を画像を使ってご紹介します。

二重編

ビューラーでまつげをあげてから、まつげの生え際をペンシルで埋めるように目尻から目頭にむかって書いていきます。

 

目尻側に少し延長ラインをかくと、ナチュラル目の完成!!

 

一重編

一重の人は大きく目を見せようとして、太くラインを入れがちですが、、、かえって小さく見せてしまいます。

目尻より、オーバにラインを引きます。目尻をすこし跳ねさせるのがポイント!濃くても綿棒でぼかすので大丈夫。

一重だとわかりずらいので

画像に文字が入っています!

一重でも魅力的な目になりますよ!

マスカラ

マスカラの基本のつけ方

マスカラをまつげになでおろすようにつける。

今度は下から持ち上げるようにつけると、液がしっかりつき、自然なデカ目が作れます!

口紅

メイクをすると肌が乾燥しやすくなりがち。

また洗顔がきれいに落としきれねいと、肌荒もおこしやすくなります。

FANCLなら、悩みを解消してくれます。まずはトライアルから

詳しくは↓をクリック



ファンデーションの選び方とつけ方

では次にファンデーションの選び方とつけ方についてです。

デパートのコスメ売り場は、色を化粧部員が選んでくれますが、ドラックなどでは自分で選ばないといけませんよね。

いくらプチプラ商品と言っても、買ってみたら、全然色が違う。そんなもったいない経験ありませんか?

ここでは、皆様が、少し勘違いしてるファンデーションを選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

NGなファンデーション選び・・・・ファンデーションを選ぶときどこをみて選んでますか?

顔をみて選ぶという方は間違いです。

顔と首の色は違います。顔の色でファンデーションを選ぶと、塗った際に肌が、白浮きしてしまうので注意を!



顔ではなくフェイスラインで選びましょう。



良く店頭でうっている「ベージュ」と「オークル」の違い

よく耳にしますよね。ベージュとオークル2つの違いって知っていますか?

ベージュは黄みがかっている色

オークルは赤みよりの色のことをいいます。

なので選ぶ際は、ご自分がイエローベース、ブルーベースなのかで変わってきます。

イエローベースは、「ベージュ」

ブルーベースは「オークル」を選ぶと失敗しにくいです。

簡単にまとめました。

イエローベースに近い人

□肌の色が黄みが強い

□茶髪の髪型が似合う

□目の色が茶色に近い

□ローズとコーラルならコーラルピンクが似合う

ブルーベースに近い人

□肌の色が赤みが強い

□黒髪が似合う

□目の色が黒

□ローズとコーラルならローズが似合う

ぜひチェックしてみてください!

まとめ

今回はベースメイクの基本についてご紹介しました。

メイクは自分で勉強するものですが、意外と基礎が知っていない方が多いです。

今はやりのナチュラルメイクをするには、基礎をしっていれば、もっと素敵に変身できると思います。

雑誌や、TV、やSNSでどうやったら、かわいく、きれいになれるか勉強し、女性を楽しみましょう!

私もまだまだ勉強不足なので、メイク方法を頑張っていきたいと思います。

あくまでも基礎的なメイクなので流行のメイクではないのでそこだけご理解ください。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る