肌の劣化は日常生活に隠れていた!肌に悪影響を与える8つの要因

肌のケアはスキンケアだけでは、改善されません。

肌が劣化するのは、日常生活が、原因で起こります。

美肌に近づくためには、、日常に潜んでいる悪い要因を改善しなくてはなりません。

今回は肌を劣化させる要因について詳しくご紹介します。

皮膚に悪影響を与える2つの要因

大きくわけて二つあります。

外的要因・・・外からの刺激からおこる外的要因です。

内的要因・・・身体の不調からくる内的要因です。

では二つの要因を詳しくみていきましょう~

肌老化を早める外的要因3選

1.乾燥

肌老化を早めてしまうのは、乾燥が原因です。肌が乾燥すると、角質層の水分量が減り、肌がくすんでしまいます。

肌の表面は、、、ゴワゴワして化粧ノリも悪くなってしまい、放置していると、シワになってしまいます。

乾燥→キメが乱れ、くすみを起こす。

乾燥→小じわになり→放置すると、深いしわになります。

 

おススメのサイトをご紹介

なじみのあるPOLA、一度は使ったかた多いではないでしょうか?

サイトがありましたので張ります!

クリック↓



2.酸化

酸化・・・鉄がさびたり、リンゴをほったらかしにすると、、、茶色く変化することを酸化と言います。

酸化をすると、肌のハリ、弾力が低下してしまいます。

また活性酸素を発生させる要因にもなります。

・食生活(食品添加物・揚げ物)など

・ストレス

・紫外線

・車の排気ガス

・喫煙などが活性酸素を発生させ身体が、酸化してきます。

 

おすすサイトのご紹介です。

角質層まで浸透してくれる美容液!

いまならトライアルがお得!1000円以下!

まずは、クリックを↓



3.紫外線

紫外線は身体に悪いのはわかりますよね。なんと、、、紫外線の80%が肌の老化を早めてしまうことがわかりました。

紫外線にあたると、真皮までダメージを与えてしまい、シミ・ソバカスを作り、肌のコラーゲン・エラスチン繊維までもが破壊されてしまいます

主に・・・シミ・ソバカス。肌の弾力の低下、くすみ、こじわを作る原因

肌老化を早める内的要因5選

1.加齢

加齢とともに細胞の働きは弱くなって肌のバリア機能が十分に作られなくなります。

水分を保持するヒアルロン酸・肌の弾力をつくるコラーゲン繊維・エラスチン繊維が減少して、肌のハリや弾力が衰えてしまいます。

2.栄養のかたより

不規則で偏った食事は、体調を崩し、免疫力も低下し肌にも影響が出てきます。

無理なダイエットをしたりするとすぐに免疫力が下がってしまいます。

3.ホルモンバランスの崩れ

加齢とともに、2つのホルモンが減少していきます。

1つ目はエストロゲンの減少です。エストロゲンは30代後半から減少するのが特徴で肌の老化が早まります。

2つ目は成長ホルモンの減少です。成長ホルモンは、子供の成長にはかかせないホルモンですよね。

成長ホルモンには睡眠は大切です。睡眠不足が続くと、ホルモンバランスが崩れ、肌にはさまざまなトラブルが起こってしまいます。

4.ストレス

ストレス・疲労などにより自律神経が崩れ、肌の老化を早めてしまうことがあります。

ストレスと言っても、、人間関係・季節の変化・日常生活をしていて、自分がストレスと思ってしまえば、ストレスになってしまいます。

また、ストレスの影響により、いままでなかった、アレルギー症状がでることもわかっています。

5.内臓機能の低下

血行不良がつづくと、内臓にも負担がかかり、肌に影響をあたえてしまいます。

血管は、主にコラーゲン繊維とタンパク質で出来ているため、老化とともに、血液はもろくなり、血行が悪くなってしまいます。

血行がわるくなると、、、肌には栄養・酸素が行かず肌の弾力・ハリ・くすみの原因にもなります。

 

血管がボロボロだと、老化も一気にはやくなってしまいます。

飲むサプリメントがでました!

今なら80%オフ!

いまだけです!早めのご注文を!

まずはクリック↓



まとめ

今回は肌の劣化の要因についてまとめてみました。

解決策としては、ざっくりまとめると、規則正しい生活をし、睡眠はとる!

ストレスを受けたなら、自分がリラックス・楽しいと思えることをすることが、解決につながります。

肌の劣化をする要因は日常生活の中に隠れていたことが分かりましたでしょうか?

原因を知っただけでも、これからどう改善していくかで変わると思います。

皆さんが美肌への近道になって少しでも参考になればと思います!!

 

水素パックってご存知ですか?

自分にご褒美で使うといいですよ!

まるで、エステ帰りの肌になれちゃいます!

まずはクリック↓



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る