睡眠は肌にいいことだらけ!質の良い睡眠を上手にとり美肌になるポイント

皆さん~!!十分な睡眠とれていますか?

肌を美しさせたい!美肌にさせるには、睡眠をたくさんとってる方が、近道と言われています。

寝る子は育つと同様に肌も、お肌も育つんです。どうゆうことかといいますと・・・

十分な睡眠をとることで、肌のサイクルがスムーズに行われ、綺麗になります。

今回は、睡眠がどう肌にいいのか、睡眠の質を上げる方法をご紹介します。

 

睡眠が肌にいいわけとは

美肌への近道は睡眠と言わています。

就寝して3時間の深い眠り(ノンレム睡眠)に成長ホルモンの分泌がでます。

十分に栄養を取ったことにより肌では細胞が活発になります。

良く聞くゴールデンタイムに寝ると、いいと言われてることが上で述べたことです。

ゴールデンタイム・・・22時から午前2時の肌の細胞がもっとも成長すること。

 

*良く皆さんが間違えやすいのは、「ゴールデンタイムに寝ればいいや。」と思っていませんか?

ゴールデンタイムに就寝できたとしても、深い眠りになってないと意味がありません。

 

大切なのはぐっすり深い眠りについた3時間が関係しています。

 

 

睡眠のしくみを知っていますか?

寝不足・夜更かしをしてしまった経験ってありますよね。また、体調が悪くなってしまうこともあると思います。

十分に睡眠を行えなかったことにより、成長ホルモンは分泌されずホルモンのバランスが崩れて、体調を崩してしまいます。

 

では今から睡眠のしくみについてご紹介していきます。

眠りには2つのサイクルがあるのはご存知ですよね。

深い眠り(ノンレム睡眠) 浅い眠り(レム睡眠)があります。

皆さんが寝ているときは、ノンレム睡眠・レム睡眠を交互に繰り返しています。

2種類の眠りを合わせたおおよそ、90分が1セットです

なので、寝すぎも良くありません。

 

寝すぎてからだがだるい、からだが重いと思ったことありませんか?

「睡眠が十分にとれなかったら、今日はいつもの倍はねるぞ~」と考えがちの方いますよね。

よく寝だめともいいます。

 

寝だめをしたからといって、成長ホルモンの分泌が増えることはありません。

たくさん寝すぎてしまうと、生活リズムは崩れ、からだがだるい・からだが重い原因にもなりますので、注意が必要です。

 

☆就寝した時間から4.5・6・7.5・9時間後のサイクルで目覚ましをかけると寝起きもダラダラとした朝ではなく、気持ちのいい朝を迎えることができますよ!!



睡眠にお悩みの女性必見!天然植物から生まれた成分が毎日のおやすみをサポート|ネムリス-nemlis

より良い睡眠をとるための4つのポイント

ではこれから、ぐっすり寝れるために心がける4つのルールについてお話します。

 

寝る前は暖かいミルクやハーブティでリラックスして眠りを誘う

寝る前にのどが渇くことってありますよね~。冷たい炭酸をグビグビ お酒をグイっと、またお茶、

コーヒーや紅茶を飲む方もいますよね~。実は、睡眠を妨げる原因なんです。寝酒なんて、アウト!ですよ。

脳を刺激し、覚醒させてしまい、寝ないでモードを作らせてしまいます。

どうしてものどが渇いたときは、、、

常温のお水・温かいミルク・カモミール・ハーブティがいいでしょう。

カモミール・ハーブティーは精神のリラックス効果があると言われており、温かい飲み物を取ることにより、

血液循環されからだがポカポカになり眠気を誘いやすくなるからです。

 

寝る前はリラックス効果がある、アロマを炊く

家にある方はぜひおすすめなのが、アロマやデヒューザなどを炊くことです。

香り付きのラベンダーカモミール。自分の好みでリラックスできるのが一番効果があります。

ない方でも香水を就寝部屋に振りまいてもいいかもしれませんね。

自分がリラックスできる香りを見つけてみましょう。

眠れないときは、からだが緊張している証拠です。

自分がリラックスしてる時って、自然に眠気がおそいますよね~。

 

就寝時はすべての電気の明かりを消すこと

みなさんの就寝時の部屋は明かりをつけて寝ますか?

むしろ豆電球だけついてる。全くついてない。

と色々な意見がありますが、同じ時間に寝た人でぐっすり寝れた人は、明かりがまったくついてない方でした。

明かりが少しでもあると、睡眠を安定させるメラトニンが分泌されなくなります。

メラトニン・・・眠くなるホルモンの働きのこと。

ですが、何かの理由で電球はつけときたい。という方いますよね。

そんな方は、アイマスクをしたり、目のまわりをタオルなどで、光を防ぎましょう。

いつもとは違うぐっすりとした睡眠がとれますよ。


就寝時はスマホやパソコンはさわらない

一番多いのは、就寝時にスマホを触る。

寝る前にYouTube・アプリでゲーム、調べものなど、ついついスマホを触りすぎて、いつのまにか、

眠気が来ない!とたくさん経験した方いますよね。

スマホは1番と言っていいほど、睡眠の妨げの原因です。

原因はスマホやパソコンの画面にあります。

画面から出る光がメラトニンの分泌を妨げてしまいます。

*寝る前は、スマホを触らない。出来ない方は、極力触らないのがいいでしょう。

もちろんスマホを触らない方が睡眠の質がアップされ、深い睡眠を取ることができます。

 

初回980円でしっかり休息を実感!【ネムリス】

※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です

 

まとめ

今回は睡眠と美肌の関係についてご紹介しました。睡眠のしくみや、睡眠の質を上げる方法はわかりましたでしょうか。

睡眠は本当に大事です。睡眠をとらないと、人間の生命にも関わることなのできちんととりましょう。

肌が綺麗な人は十分な栄養と睡眠をとっているから、美肌になっているんです。

日ごろの行いを気を付けると誰だって肌が綺麗になります。

睡眠の質を高める方法、よければ参考にしてみてくださいね!!

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る