美肌になりたい人必見!みるみるうちに肌が綺麗になる1日のケア方法

休日など、疲れてスキンケアをさぼってしまった経験は誰もがありますよね。

だからといって、1日だけで肌の調子が悪くなると心配したものの、案外肌の調子が良かった。そんな経験ありませんか?

メイクをしない、スキンケアを忘れてしまったときほど、肌の状態はよくなっています。

ですが、多くの人はスキンケアを入念にしたり、肌がボロボロになる」と考えがち。

スキンケアをしない方が肌によくなるといっても、信じがたい話かもしれません。

今回は、なぜスキンケア・メイクをしないと肌にいいのかを徹底に調べましたのでご紹介していきます。

 

入念にしていたスキンケアは間違い

以前も書きましたので簡単にまとめさせていただきます。

肌には天然保湿因子や常在菌で守られています。化粧品には界面活性剤が多く含まれおり、肌のバリア機能を壊してしまいます。

スキンケアを入念にして肌が余計乾燥・かゆくなる経験ありませんか?すべて、肌をボロボロにさせてしまっています。

詳しくは、以前の記事で書いてますので、「からだが痒い・肌の乾燥」をごらんください。

 

肌がどんどん綺麗になる方法

ですが、何もスキンケアをしない!とおもっても不安になる方のがたくさんいると思います。

化粧品立ちが不安な人は、週末だけでも肌断食してみてもいいかもしれませんね。

ではさっそく1日のケアについてご紹介します。


美肌になるための朝のケア

朝の洗顔は水洗顔のみです。いつも使っている洗顔を使用せず、水だけで洗顔はOKです。

汚れや皮脂を徹底的に落とそうとすると、肌表面のバリア機能が壊れてしまいます。

肌表面のバリア機能が壊れることにより、肌が乾燥し余計に肌あれを引き起こし化粧水をつけずにはいられなくなってしまうんです。

また丁寧に洗えば洗うほど、毛穴も大きくなり皮脂腺が増えます。

 

洗顔したらスキンケアを一切しないことですが、無理!というかたは、「ワセリン」をつけます。

ワセリンは肌内部に浸透しにくく、空気に触れても酸化しにくいからです。

良くワセリンは皮膚科などでもらえるので安心して使用できるでしょう。

 

水洗顔は必ずぬるま湯で洗う

ぬるま湯(33度以下)お湯を触ってみてみずにほぼ近い状態。

お湯で洗ってしまうと、肌の天然保湿因子が流れてしまうので、かならず33度以下で洗うのがポイントです。

 

顔を洗う際はゴシゴシ洗わない

よく顔をゴシゴシ洗う人いますよね。

せっかくぬるま湯であらっても、顔をごしごし洗っては、肌を痛めつけてしまいボロボロになってしまいます。

すくったぬるま湯で顔を水に押し当てるように洗うのがポイント!

肌バリアを壊さないようにやさしく洗います。

 

顔のべたつきが気になるときは指の腹で洗う

顔のべたつきが気になる方はTゾーンや頬まわりが多いですよね。

そんな方は、顔を洗う際、指のはらで洗うのがポイント!

髪を洗う際も、爪をたてず、指のはらで洗いますよね。そうすることで、肌に負担をかけず綺麗に洗うことが出来ます。


美肌になるための昼のケア

なにもメイクをしないのが理想ですが、仕事上無理な方もいますよね。

ポイントとしては、お湯で落ちるメイクを選ぶこと。

アイメイク・口紅・眉ブロウだけで肌の印象はきちんと感がでます。

ファンデーションは基本はノーファンデがいいですが、パウダーのファンデーションを選ぶのもいいかもしれません。

パウダーファンデーションは油分がすくなく肌にも負担がかからないので安心して使うことができます。

そうすることで化粧直しも必要なくなります。

基礎化粧品もファンデーションも塗らずに過ごすと、べたつきもなく余分な皮脂もでてこなくなります。

美肌になるための夜のケア

お湯で落とせるメイクをすれば、クレンジングをしなくてもよくなります。

ですがいくらクレンジングを使用しなくてもいいといっても夜だけはきちんと落としたいですよね

そんな時は、石鹸を使用し綺麗におとしましょう。

オリーブ油 植物性油 100%天然素材の石鹸が肌を傷つけず使用することができます。

 

エステサロンより誕生【フルリクリアゲルクレンズ】



 

まとめ

今回は肌を綺麗にする秘訣についてご紹介しました。

今回の方法は、スキンケア・メイクをしないですが、スキンケアをしないと、すぐに肌がつっぱってしまうことがあります。

何もつけないことが好ましいですが、肌の乾燥がひどい・ヒリヒリするなどが出た場合は徐々にスキンケアの量を減らしていけば、

いいかもしれませんね。週末だけ肌断食して、できるだけスキンケア・メイクをしないようにすれば、肌も綺麗になるでしょう。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る