毎日髪を洗ってるのに頭皮が臭い!?原因は今使っているシャンプーにあった

自分の頭がくさい・・・頭皮を指の腹で嗅いでみると・・・あらやだ・油くさい。

そんな経験ありませんか? まして今の季節はとても乾燥していますよね。あたまをきちんと洗っているのに、

余計かゆくなったりしていませんか?

綺麗好きなかたほど、かゆさが出たり臭くなったりするんです!

理由はきちんとあります。原因はあなたの洗いすぎが、原因を作っているんです!

今回は、頭皮の臭いにおい・かゆみの原因を調べましたのでご紹介していきます。

 

頭が痒いのはシャンプーが原因

えっ?きれいに洗っているのが頭皮を臭くしてた?ってこと?

実はそうなんです。シャンプーの成分表示を見たことがありますか?

一つ一つみてみると、界面活性剤・パラベンの防腐剤などが配合されています。

もちろん頭皮にいいシャンプーの成分も配合されていますが、化粧品・ヘアケアの多くが界面活性剤が含まれています。

界面活性剤・・・油分と水分を混ぜ合わせた人工的に作られた、肌バリアを壊す作用が強力。

そのため、現代の女性は薄毛に悩まされたり、コシがなく細い髪の人もいます。

洗いすぎで皮脂腺が大きくなり常在菌のバランスが大きくなり脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)にかかる人もいます

 

髪の洗いすぎで頭皮はボロボロ

では次に頭皮のことについてご紹介します。

皆さんは自分の頭皮を見たことがありますか?ほとんどの人がみないですよね。

わかりやすく、下の絵をかきましたのでご覧ください。

健康な頭皮は下の図のようになります。

1 角層・・・皮膚の最上層にある細胞。水分量が顔に比べて少ないのでデリケート

2. 皮脂腺・・・皮脂を分泌する器官。頭皮は額(Tゾーン)の2倍もある。皮脂が非常に多いのが特徴。

3. 毛母細胞・・・毛乳頭周辺の細胞組織のこと。毛乳頭から栄養素や酸素を受け取り、細胞分裂することで髪の毛を作り出している。

4. 毛乳頭・・・頭皮内の毛細血管と直接接しており発毛や脱毛の指令を与える場所。

髪の毛は3の毛母細胞から生まれます。

洗いすぎてしまうと・・・・

炎症が起きて、毛穴が大きく開きます。

1の角層がボロボロになり頭皮が薄くなります。

2の皮脂腺が大きくなり髪より皮脂線に栄養が行くようになります。

界面活性剤のダメージで頭皮のバリアも毛穴もボロボロ状態に。

また毛根幹細胞も傷つき、新たな髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

 

頭皮の毛穴が大きくなると、界面活性剤が入り込む

頭皮の毛穴のサイズは顔の毛穴の10倍以上。

毎日シャンプーをすれば、毛穴が開き界面活性剤をすりこんでいることになります。

したがって、肌バリア機能が壊れ乾燥がすすみ、かゆくなったり、フケがでたりします。

壊れたバリア機能は3~4日ほど修復に時間がかかるため、毎日シャンプーをしていれば、どうなるかもうわかりますよね。


シャンプーをするとキューティクルがはがれる

シャンプーを毎日すると、皮脂の取りすぎで髪がほそくなります。

髪には天然のワックスがついています。

下の図は髪の毛の3構造にした図です。

皮脂のコーティングには

・脂肪酸

・トリアシルグリセロール

・スクワレン

・コレステロールなどが含まれています。

髪の表面は皮脂でおおわれており遺物の侵入や乾燥から髪を守ります。

シャンプーをすると、汚れや皮脂も落ち髪も頭皮もさっぱりして気持ちいいですよね。

しかし、皮脂が取れるということは皮脂腺が大きくなり栄養が行かなくなってしまうため、健康な髪がはえてきません。

髪は一つの毛穴から2~3本生えてくるのが特徴です。ダメージが当たってしまうと、1本が細い毛になってしまいます。

また皮脂腺が増えるので、時間とともに酸化し、頭皮がべたつき・くさくなってしまいます。

 

【半額モニター募集中】100%天然成分のニオイ対策シャンプー

頭皮を傷つけない洗い方

ではどうしたら、頭皮に負担をかけずニオイやかゆさをおさえることが出来るのかご紹介します。

かみを洗う際は、33~34℃のぬるま湯で綺麗に落とす

髪を洗う際お湯の温度が高くなってないですか?40℃以上で洗うと、頭皮がボロボロになります。

頭皮が赤くなっていれば炎症がおきています。

対策1つ目

☆ブラシで汚れを落とす

髪を洗う前にブラシで髪をときます。

マッサージ効果・かゆみを抑える効果があります。(ロングヘアの方は念入りにすることをおススメ)

対策2つ目

☆33度~34度のお湯でシャワーをあて2分ぐらいかみを洗い流す

 

ドライヤーで髪を乾かす際は15センチ離す

かみを洗い終わった後、すぐ髪の毛を乾かす方っていませんか?

本来なら、タオルドライして終了ですが、すぐにドライヤーをつかってしまうと、次のことが起こっています。

髪の毛はケラチンと呼ばれている「タンパク質」でできており60℃以上の熱をあびると、変形してしまいます。

キューティクルが壊れ、髪がバサバサになってしまいます。

ですが、自然乾燥が出来ない方もいますよね。生乾きのまま寝てしまったら髪が臭くなるんではないかと・・・

そんな方は、ドライヤーを乾かす際は15センチ以上離し温風・冷風と交互に乾かすといいでしょう

シャンプーをやめ純石けんにかえる

湯シャンが出来ない方もいますよね。どうしても、べたつくんではないかと心配になる方もいると思います。

確かに湯シャンをして、かゆさがでた・ベタベタするなどがおこります。

皮脂腺が大きくなり過剰な皮脂がでるためです。ですが徐々に皮脂の分泌量が減り、べたつきもすくなくなってきます。

どうしても気になる方は石鹸で洗うことをおすすめします。

石鹸は人口の界面活性剤ではなく、自然につくられた界面活性剤なので頭皮の刺激の負担が少なくなります。

 

 

まとめ

今回は頭皮がくさい・・かゆみもでる原因についてご紹介しました。

日本人の方はすべてにおいて洗いすぎと言えます。

洗いすぎることにより本来の肌が壊れてしまい、くさい・かゆくなる・乾燥するなどが起こってしまいます。

毎日シャンプーをしてる方は一度みなおしてみてもいいかもしれませんね。

私は、毎日洗っているのに、頭皮が痒くてボリボリかいてました。

シャンプーはやめ、湯シャンや、石鹸を使ってみたところ・・・・痒さがなくなり、べたつきもなくなりました。

ですがここまでくるのには時間がかかりました。

お休みの週末だけ・人に会う予定がないときだけ、ためしてみてもいかもしれません。

あくまで個人の感想なので個人差はでるかと思います。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る